Concept

何気なく見ている風景、おぼろげな記憶、忘れかけていた感触、

つながり、もつれ、ほぐれて、また、つながり、、

そんな繰り返しの日々、同じではない日常を表現していけたら。


Scenery what I casually see, dim memory,

Almost forgot the sense of touch,

link, tangle, disentangle, and link again...

These are repeated everyday, but not same day I would like to represent.

30.1.20

for instance 2020年02月18日(火)-03月01日(日) ギャラリー勇斎


長尾圭 展  for instance

ギャラリー勇斎

2020年02月18日(火)-03月01日(日)
11:00ー18:00 (最終日16:00)
月曜日 休み
近鉄奈良駅より徒歩8分/JR奈良駅より徒歩15分

〒630-8372 奈良県奈良市西寺林町22
TEL.FAX : 0742-31-1674

E-mail : info@g-yusai.jp

3.1.20

Biography Group Exhibitions

2019   '18  「The people who gather in the back alley」  Gallery Sasaki Store (Osaka)
2019   「THE EMBODIED MIND」 2kwGallery   (Shiga)
2019   「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2019」 Hotel Okura Fukuoka  (Fukuoka)
2018 「FACE 2018 Exhibition」 Sompo Japan Nipponkoa Museum of Art   (Tokyo)
2016 「Survey of depression Ⅱ」     O Gellery            (Tokyo)
2016 「 Wearable Art / Movable Art vol.4 - 」 Calo Gallery (Osaka)
2015 「Survey of depression 」     O Gellery             (Tokyo)
2015 「Survey of depression 」     2kwGallery /2kw58   (Osaka)
2006 「Brackish waters」                 O Gallery             (Tokyo)
2005 「something spin something weave」  osoblanco  (Osaka) 
2004 「Challenging of Monochrome」 Gallery Den         (Osaka)
2003 「breath」                                 Gallery Haku       (Osaka) 
2001 「congress hall」                    Self So Art Gallery   (Osaka)
1998 「Discharge of the light pulse 」  O Gellery            (Tokyo)
1997 「Painting:after the growth」     Bangaro              (Osaka)
1996 「Painterliness2」                       Gallery Haku     (Osaka)
1994 「Disciplining of Image」          Gallery Haku       (Osaka)

1990 「New Face」                        Gallery View      (Osaka)

Biography Solo Exhibitions

2020    Gallery Yusai              (Nara)
2019    '17 '14 '13 '11 '08 '01   O Gallery   (Tokyo) 
2018    '14 '08   Calo Gallery   (Osaka)
2018    Gallery  Ami Kanoko   (Osaka)
2017    Hiyawama tearoom     (Osaka)
2017    Maruyoshi Art School Gallery Space   (Osaka)
2017    2kw Gallery         (Shiga)
2016    
'12 '11  2kw Gallery 58 (Osaka)
2014    '13  2kw Gallery     (Osaka)
2010    '04 '03 '99  O Gallery UP.S   (Tokyo)
2009    Gallery Den         (Osaka)
2008    
'06 '05 '04 '03 '02  Osoblanco   (Osaka)
2007    Gallery Den58       (Osaka)
2005    Gallery Den         (Osaka)
2005    Gellery Chibi Ero   (Tokyo)
2004    iTohen Gallery       (Osaka)
2004    Fukugan Gallery    (Osaka)

2002    '00  ART SPACE Life=Passage   (Tokyo)
2000    '94 Gallery Haku    (Osaka)
1991    On Gellery             (Osaka)

略歴 グループ展

2019   ’18 「心斎橋 路地うらのつどい市」  ギャラリーササキ商店   (大阪)
2019    「THE EMBODIED MIND」  2kwギャラリー   (滋賀)
2019    「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2019」   ホテルオークラ福岡  (福岡)
2018    「FACE展2018」  損保ジャパン日本興亜美術館   (東京)
2016    「ゆれる境界たち」    Oギャラリー        (東京)
2016    「Wearable Art / Movable Art vol.4  -身につけるアート / 持ち運ぶアート 4」 Calo Gallery  (大阪)
2015    「くぼみの測量」        Oギャラリー        (東京)
2015    「くぼみの測量」 2kwギャラリー:2kw58  (大阪)
2006    「汽水域」                   Oギャラリー        (東京)
2005    「紡ぐもの 織るもの」    オソブランコ        (大阪)
2004    「モノクロームの実践」  ギャラリーDen     (大阪)
2003    「呼吸-breath-」            ギャラリー白        (大阪)
2001    「congress hall」 セルフソウアートギャラリー  (大阪)
1998    「光脈の湧出」                 Oギャラリー         (東京)
1997    「ペインティング:成熟のあと」  番画廊     (大阪)
1996    「ペインタリネスⅡ」      ギャラリー白     (大阪)
1994    「イメージの鍛錬」       ギャラリー白        (大阪)

1990    「New Face」             ギャラリーView    (大阪)

略歴 個展

2020   ギャラリー勇斎    (奈良) 
2019   '17 '14 '13 '11 '08 '01   Oギャラリー (東京) 
2018   '14 '08   Calo Gallery    (大阪)
2018   画廊 編 かのこ              (大阪)
2017   喫茶ひやわま      (大阪)
2017   Maruyoshi Art School Gallery Space  (大阪)
2017   2kwギャラリー     (滋賀)
2016   '12 '11   2kwギャラリー58  (大阪) 
2014   '13   2kwギャラリー      (大阪) 
2010   '99 '03 '04   OギャラリーUP.S  (東京)
2009 ギャラリーDen        (大阪)
2008   '06 '05 '04 '03 '02   オソブランコ  (大阪)
2007   ギャラリーDen58          (大阪)
2005   ギャラリーDen               (大阪)
2005   ギャラリーちびえろ       (銀座)
2004   iTohen Gallery              (大阪)
2004   複眼ギャラリー            (大阪)
2002   '00  ART SPACE Life=Passage  (銀座)
2000   '94   ギャラリー白           (大阪) 
1991   オンギャラリー               (大阪)

27.11.19

そこともしらず 2019年12月16日(月)-12月22日(日) O gallery




長尾圭 展  そこともしらず


O gallery


2019年12月16日(月)-12月22日(日)
12:00ー20:00 (Sunday11:00ー16:00)

〒104-0061東京都中央区銀座1-4-9 第一田村ビル3F
TEL.FAX : 03-3567-7772


1-4-9 GINZA CYUO-KU, Tokyo JAPAN 104-0061
tel/fax +81 3 3567 7772

6.10.19

動画「ヒトコマパルク.Drawing Session ×3」Gallery PARC

       


2019年8月21日、Gallery PARCにて開催された「ヒトコマパルク.Drawing Session ×3」動画。

1・山岡敏明×黒瀬剋
2・長尾圭×山岡敏明
3・黒瀬剋×長尾圭

ドローイングセッションルール
・2名の作家が交互に一つの画面の上で描きあい、時間内で1枚の絵を仕上げる対戦型の公開ドローイング。
・3名の作家が総当たりで3回のセッションを行う。 
・自己表現の殺し合いではなく、描画によるディベートをするように、絵の中でより良い解を提案しつつ競い合う。
・異なる作家による不確定な挙動が入ることで、一人では描けない新たな画面が生まれてくることを目的とする。

ヒトコマパルク2019参加イベント日時: 2019年 8月21日(水) 19:00 - 20:30会場: Gallery PARC
山岡敏明 www.gutic.com

6.9.19

THE EMBODIED MIND  心は本来、身体化されている。 思考はたいてい無意識のものである。  黒瀬 剋.長尾 圭.山岡敏明.     2019.9.7~9.29 2kw Gallery  

THE EMBODIED MIND
心は本来、身体化されている。思考はたいてい無意識のものである。 
           ー ジョージレイコフ マークジョンソン著 「肉中の哲学」より

 20年以上に渡り絵画を制作している三人の作家に出品を依頼し、展示予定の作品画像が送られてきた。そこに描かれている彼らの世界は緩やかに分解され、散乱する部位が画面を構成している。肉体、風景、時間が断片化され、我々の基本的垂直性を剥奪している。
 三人の図像は「語ること」をせず、「示すこと」に徹している。そして、「示すこと」の独自の力、固有の論理を持って制作している。肉体部位の突出が視覚の判断を揺るがし(山岡)、地平の喪失が空間の解釈を留保させ(長尾)、解体された時間性が相互に入り混じり、地と図の侵食作用を露わにする(黒瀬)。もちろん、これら方法は現代の絵画によく見られる手法かもしれない。
 しかし、意味がずらされ、解釈が不能になっても、その絵画の前に立ち続ける者には何かを呈示する。それは我々の肉中深くに潜んでいる意識、語るのではなく、示すことによって立ち現われる空間であり、絵画が無言の論理を駆使して作った世界と言える。その論理としての感覚作用は言語、概念といった他の手段と肩を並べる人間固有の器官であり、「肉体」「風景」「時間」等を自由自在に操り、衝突、転倒、逆転、結合などを描くことによって、宇宙が数式によって表象され、制作されてゆくときに、言わば「無重力的絵画」を制作し続ける彼らの営為も支持されねばならない。
 「示されうるものは、語られえない」(ウィトゲンシュタイン)。「示すこと」と「語ること」を明確に峻別する事が彼らにとって核心的なことであるに違いない。
 「古い壁の上のしみのなかで形をとるのが見えるものを生徒たちに自分の絵に写し取らせるレオナルドの教え」についてのブルトンの説明を引用するエルンスト(「視覚的無意識 ロザリンド・クラウス」谷川渥、小西信之訳)                          2kw gallery

5.9.19

心斎橋 路地うらのつどい市2 ギャラリーササキ商店 2019年9月20日(金)-9月30日(月)



心斎橋 路地うらのつどい市 2

2019年9月20日(金)~9月30日(月)

ギャラリーササキ商店
12:00~19:00
9/20 (金) 初日14:00より
9/24 (火) 休廊
9/30 (月) 最終日17:00まで
〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-6-4 佐々木ビル3F
電話: 080-3410-0156
FAX: 06-6245-7115

Gallery SASAKI

3/F, SASAKI Bldg., 1-6-4 Shinsaibashi-suji, Chuo-ku,
Osaka-shi, Osaka, 542-0085 JAPAN
Tel: 080-3410-0156
Fax: 06-6245-7115

18.8.19

ドローイングセッション×3  2019年8月21日(水)   Gallery PARC


ドローイングセッション×3 黒瀬剋 山岡敏明 長尾圭 
2019年8月21日(水) 19:00~20:30

Gallery PARC (京都)

2名の作家が交互に一つの画面の上で描きあい、時間内で1枚の絵を仕上げる対戦型の公開ドローイング。3名の作家が総当たりで3回のセッションを行う。 自己表現の殺し合いではなく、描画によるディベートをするように、絵の中でより良い解を提案しつつ競い合う。異なる作家による不確定な挙動が入ることで、一人では描けない新たな画面が生まれてくることを目的とする。


■出演者
黒瀬 剋 |Kurose Masaru (美術作家)
1952年生まれ。神戸在住。最近は自作ドローイングをスキャナーでコピーしたものの上に加筆し、絵画イメージの変遷を確認するシリーズを続けている。この制作過程は自らの中にある絵画イメージ発生の現場に立ち会う行為であり、絵画についての自問作業でもある。近年の展覧会 2017, 19年「表層の冒険」/ 東京(谷川渥企画)、個展2005, 12, 14, 15, 17年 (ギャラリー開/神戸)、2010, 12年(ジョージ・ローソン・ギャラリー/アメリカ)、2017年(ギャラリー16/ 京都)、ほか多数。

長尾 圭 |Nagao Kei (美術作家)
1969年 大阪生まれ 。1992年 大阪芸術大学卒業。日常におけるとりとめない視線と同様に、描かれる対象は何かでありながら異なった何かへと変容を繰り返す。定まらない描線や浮沈する色彩を編みつつ解きながら、始まりから終わりへの経過から途中の表出を試みる。 2018「FACE展2018」 (損保ジャパン日本興亜美術館 / 東京) 個展2008, 14, 18年(Calo Gallery / 大阪), 2015年 「くぼみの測量」(Oギャラリー / 東京)、2017年(2kwギャラリー / 滋賀),

山岡 敏明 |Yamaoka Toshiaki (美術作家)
1972年 大阪生まれ。1995年 東京造形大学卒業。ある種の示唆的な構造を孕んだフォルムの総体を「GUTIC(グチック)」と仮称し、現実と地続きの世界に「あったかもしれない可能性」としてのカタチを偏執的に探り続ける。2009年「Mirage」(同志社大学), 2012年「アートプログラム青梅」(BOX KI-O-KU/ 東京)、個展2011, 13, 17年 (Gallery PARC/ 京都)、2014, 16, 17年 (ギャラリー・ハシモト/ 東京 )

■定 員:40名 (立ち見含む)
■事前申込不要(当日先着順受付)
■入場無料
■共 催:山岡敏明

京都府京都市中京区烏帽子屋町502
室町・六角北東角 室町通側入り口より2F / 3F / 4F
Gallery PARC